トップページ | 2005年9月 »

散歩の途中で見つけたよ!

kiui 最近、朝夕と過ごしやすくなったせいか、犬の「ももこ」と散歩に出かけると、いろいろなものを見つける。というか、涼しいので、観察も楽しい。

見上げると実がなってる、なってる。これキーウイだよね、初めて間近でみたよ。近づかないと実がなっているかどうか、わからないよ!

隣の木は柿。まだ青いので写真に収めるのはもう少し秋が深まってからにしよう。ここには毎年、柿の実がなるのは知ってたけど、キーウイは知らなかった。

そういえば、せみの鳴声も、ツクツクボーシだし、虫の鳴声もする。秋になったんだね~日が落ちるのも早くなってきたし、夏休みも終わる。みんな夏の思い出、たくさん作ったかな?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

名前は?

hana1 先日、前勤めていたファーストフードのお店の皆さんから頂いたお花です。名前がわからないので、わかる方教えていただけませんか?あと、育て方がわかりません。冬は、おうちの中で育つかしら?今は、外でもいいの?

犬のももこと散歩をしてきました。今日は、空気が冷たく感じて、ここ愛知でも気持ちいいです。昼間は暑くなってしまうだろうけど・・・。田んぼの稲刈りが始まっています。品種はこしひかり。家の前の田んぼは品種が違うので、もう少し先に刈るでしょう。農家に嫁いだのですが、今は、人に預けてしまいました。それほど収入にならないということです。預けたからってもっと経費がかかるのですが・・・。昨今の兼業農家事情です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

いつもの朝

わたし 「おはよう!」

じいちゃん 「おはよう!」

わたし 「あれっ、靴下はいてどこか行くの?」

じいちゃん 「いいや、足がつべたかったで、、」

わたし 「ふ~ん、朝ごはん食べた?」

じいちゃん 「・・・・・」

わたし 「じゃぁ、薬のんだ?」

じいちゃん 「のんだ、のんだ」

わたし 「じゃ、ごはんたべたよねっ!」

じいちゃん 「そうだったかなぁ~?」

   ・ ・ ・ ・ ・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例の腹痛

幼い頃からあまり太る体質ではないので、今でも痩せ気味です。そういうと皆さん羨ましいといいますが、とんでもない。もっと、肥えた方がいいのです。夏になると(冬でも一緒ですが)冷たいものをとるせいですぐお腹にきてしまいます。私の母も、妹も、同じような体型で同じような、ありさま。だから肥えないのでしょうか?だからって少食なんてことはありませんよ。普通に食べれます。でも夏はクーラーなしでは過ごせないし、クーラーはお腹にいい影響与えてくれないし。整腸剤飲んだらいいよ、と妹は教えてくれますが、性格がこんななので、続きません。(腹巻は常に持ち歩いています)

洋服だっていろいろ困る。そう云うとみなさん‘何を贅沢な’と思うでしょうが、大安売りのバーゲンで体に合う服を見つけることはそうそうありません。小さいサイズもあるけれど、身長は並みなのでいまいちのことが多いのよ。高いブティックで自分に合った素敵な服が買えたらいいんだけどな、、、。(最近は若い人の行くお店に入りにくいんだぁ~)

それに最近は頭痛持ちで、市販の薬でまだ効くから大丈夫だけど吐き気までしてひどくなっちゃう。でもみんなに聞くとこれは‘あるある’と云うので安心。(更年期とも云うのか、認めたくないけど)

こんなの悩みではないですかね~。。(+.+)。。贅沢病ですかね~ヤッパ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ノラのネコちゃん

DSCF0310 neko4 neko2                                                           

私は、5月の連休の間に生まれた子猫です。いつもは兄と母と行動を共にするのですが、兄は極度の人間嫌いで絶対に隙を見せません。母は誰もいなくなってから、行動するので私が、いつもおいしい食べ物を一番に食べられるのです。

生まれたところは、会社の資材置き場のウエスの中です、そう、鋼などを保護したり油をふき取ったり、工場で使うものです。布なのでふかふかで最高に良かったのですが、追い出されてからは、木製のパレットの間にいます。かろうじて雨、露は資材の片隅でしのげます。昼間は、みなさんの車の下でごろ寝を楽しんでいます。

最近、母がもう一人子猫を生んだのですが、栄養失調でなくなりました。かわいそうでした、母は誰にも知られることなく子猫をどこかへ連れていきました。でも私たちは今、自由に生きています、ただ飢えをしのぐことだけが自由ではないかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昔々の出来事 その2

今思うと、小学生の時に、もっと適切な言葉かけがあったら、無条件の愛を肝心な時にかけていたらこんなことにはならずに済んだのだと思います。

実は一人暮らしを進めてくれた人がいます。テレビでも時折見かける話題の「熱血おばさん」です。今ほどの知名度もなく私は新聞の連載で知ったのです。彼女に行き付くまで様々な所や、様々な有名な人、肩書きのある人を訪ね歩いたのですが、息子に会って話してくれたのは、彼女だけです。

そんな、こんなで、彼が一人暮らしになって母はホッとしたのも束の間、今度は学校からことあるごとく親の呼び出しです。なんせ私生活はきっと私の想像を超えるものだったはずですから。

バイクを校庭で乗り回した、同級生にビールを買いに走らせた、教頭先生に暴言を吐いた、大家さんから夜中にやかましい。など、、。授業はまともに前を向いて聞いていたこともなく、(前を向いて聞いていれば、職員室で話題になったそうです) 体育においては着替えすらせず、いつも三学期の春休みに、ランニングで単位をもらうという、ぎりぎりの単位獲得。

そのたびに足を運んで両親で頭を下げ、なんとか進級できるよう先生に相談し、初めの2年は、こんなことの繰り返しでした。(もっと迷惑をかけた方がまだいるかもしれません) もう、いつ止めても仕方がない状態でした。

そして4年間、たくさんいた生徒の数も半分以下ほどの人数になり、なんとか生き残りやっと卒業できたのです。ギリギリで。(夜間高校では卒業できる生徒の数が入学の半分にも満たないのは珍しくありません)

母として思うことは、この事実は、決して忘れない、腹の奥の奥にしまって、今からをどうして幸せに生きるかということを考えること。彼の考える幸せは母の考えてるそれとは絶対に違うこと。その幸せにたとえ反対でも、応援をしてあげること。距離間をもってなおかつ相手を見て(観察をして) 話せるいい関係を結ぶこと。

後に、ミュージシャンという立派な名目は、2年ほどであえなく消え去って、(高価なギターだけが残っているが、大切な宝物のようで引越しをするたびに大事に運んでいる) レーシングが好きで、自動車整備士の資格を取るため、自動車短大で学び、現在は横浜で特殊自動車の製造に携わっているようである。

昔々の苦くも懐かしい思い出です。 しかし、現在進行形です。(お腹の底には爆弾をまだ抱えています、今でもどんな覚悟でもできるつもりです。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

昔々の出来事 その1

長男は現在23歳。横浜で親元を離れて会社の寮に暮らしています。今から8年前の話。中学時代の彼は、とてもそれまでとは想像もつかないほどに変貌していました。ばかな母親は、それでも良い子(なんの基準でそう言うのか今ではおかしくて仕方ありません)で間違っても母が悪いなんて思っていませんでした。でも母親が悪かったのです、彼を追い込んだのは母親の私です。反抗に反抗を重ね、あらゆる大人に世の中に反発していく彼を、もうどうすることもできなくなっていったのです。

それでもなんとか普通高校に入ってほしくて、世間体ばかり気にする母に仕方なく負けて入学したのですが、入って半年程で登校拒否。後は、日数が足りずやめるしかありませんでした。(学校もホッとしたことでしょう、あんなワルは手に負えんって)それからは、毎日が地獄のような日々です。彼をなんの思いもなくただ愛するわが子として受け止めるまでに1年はかかったでしょう。

”うちを出たい” ”単車の免許がほしい” これを呑むのと引き換えに(汚い母です)夜間高校にはいるよう促したのです。”ミュージシャン” の夢を叶えるべくギター教室に真面目に通うようになり、ワンルームの部屋を借り、250ccバイクに乗り、スタンドで働きながら一人暮らしのスタートです。それから、、、まだまだ数々の問題が起こるのですが、続きはまた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

車椅子

isu 毎日暑い日が続きますが、

いかがお過ごしですか?

これは毎日じいちゃんが利用する車椅子です。

今日は主である、じいちゃんがショートスティに

行ったので、置いていかれました。

いつもは嫌がるホームにも聞き分けのよい幼稚園児のように

喜んで出かけました。

親戚の急な不幸の為、家族みんなで出かけなければならず

仕方なく、預かってもらう事になったのです。

主がなく、寂しそうにしている車椅子を見て 

天国へ召された叔母への悲しみと重なってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

趣味といえるかな~?

bara toumorokosi 左の絵は油絵、右の絵は

水彩画です。

もう何年も前から親しく

お付き合いのある絵画教室の先生から教えていただいて

いるのですが、わがままな生徒で、先生も諦めながら

叱咤激励して何とか一枚の絵に仕上げてくださいます。

時々、発表の場もこしらえてくださり、ほんとに頭が下がる思いです。

でも好きなことは、何年たっても続けていきたいと思うのは

いいことですよね!上手ではなくても‥。

(絵の中身を久しぶりに取り替えたのでデジカメに収めました。

それに伴い、おうちの中をまあ~るくいつもよりいっぱいお掃除を

しました。汗がだらだら出て、シャワーに直行でした。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

残り少ない盆休み

1      1      

先日、揖斐川のやなに鮎を

食べにいきました。

妹夫婦やその子供、実家の父母と一緒に久しぶりに

自然を楽しんできました。

川の冷たい水に足を浸し、山々の空気を吸い、リフレッシュです。

鮎を食べるのに少し順番待ちしましたが、

当分は、鮎は食べなくていいと思うほど

お腹いっぱいになり、後少ししか休みがないことに

ちょっとため息つきながら、おうちに帰ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もも で~す!

momoko2 12年前の3月にうちにやってきたので

節句にちなんで ”もも” とつけました。

でも、なぜか「ももこ」と呼んでいます。

当時小学4年だった息子がそろばん塾の帰り道、拾ってきたのです。

もう、結構なおばあさんです。

最近、夜中に何を思ったか、「外、外!」と騒ぐのです。

それもみんなが、寝静まった頃。

昼間は、外につないであるのですが、夜は玄関のたたきにいます。

真夜中に何をするでもなく、散歩に歩かされ、とうとうボケワンコに

なったかと思うと、情けなくて、話ができたらいいのに~と思います。

この前なんか、何度も夜中に騒ぐので外に出してやったら、

植木鉢の土をほとんどかき出してしまい朝起きて、ビックリ。

花も何もなくなってしまいました。

犬も年を取ると大変なことになるんだなぁ~と今から心配しています。

犬のボケに効くいい特効薬があったら教えてください。

(犬の薬は高額だよね~)  (*_*;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大学生の息子と彼女

DSCF0296  

これは男物の浴衣と女物の浴衣です。

先週の日曜日、花火の日にうちから二人で仲良く浴衣着て

出かけていきました。

大学4年の息子と付き合う彼女は、実家から離れて名古屋の大学に通っているため

下宿生活。うちにきて私とばあちゃんと二人で着せてあげたのです。

(私は、紐を渡したりだけの手伝いですが)

で、汗だくになった浴衣をクリーニングに出すのはもったいないので、

私が糊付けをして二枚洗ってあげたのです。

仲良く乾く浴衣にはほほえましくもあり、おかんとしてははちょっと複雑です。                                                                                                           

| | コメント (1) | トラックバック (0)

じいちゃんのつぶやき

一緒に暮らすじいちゃんは、今81歳。
ちょっとボケが始まってる。
時々、何十年も前に戻っているようなことを云うの。
「おじいさんは何処行った?」
「最近会わんなあ~」
「どっかに入院しとるか?」
「黙って出かけちゃうで…」

もちろんじいちゃんの親は何十年も前に亡くなってる。

私は答える。
「おじいさん、私らには見えんで
きっと夢で会えるんじゃないの?
今度会えたら、声かけたらいいじゃん!」って。
そしたら、この前
「会えたぞ」だって。

足も不自由で、ディサービスに通うじいちゃん。
面倒見てる、ばあちゃんが毎日大変。

人は幾つになっても子供のままなのかな~
子供のままでいたいのかも…

介護って大変でイライラしたり
泣けてきちゃったりで本当にご苦労様。
今私にできることはばあちゃんのお手伝いと
ばあちゃんの話を聞くことと
じいちゃんの話し相手ぐらいかな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっとできました!

はい、やっとここまでこぎつけました。
もう長い間、通っているのにこんな世話のやける
インストラクター泣かせの生徒は、イヤ!
って、云ってるかも…

以外にもイジイジしてて気の小さい
ところがあるんです。
以外に思ってる人、うっそ~と思ってる人
いるかもしれません。
それで、とっても明るいところのある主婦それが
わたしです。

挑戦するということはいい事ですよね!
私のまわりには素敵な人が
多いんですよ!
見習わなくちゃ、ねっ!

次は、うちの年寄りわんこの話、わがままな大学生の話、
あと、ちょっとボケの始まってるじいちゃんの話
しますね、楽しみにしててください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »