« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

梅園

ume1 ume2 ume3 ume4 ume7 ume6 ume8 ume9 ume10
朝から挑戦していたこの画像配置にやっとすることが出来ました。
梅の花をここ受験の神様、岡崎市にある岩津天満宮で撮影しました。
天満宮の駐車場横に梅園があります。賞味期限が切れる前に梅を見ていただきたかったのです。画像配置はtochiさんの記事GANちゃんの記事
を参考にさせていただきました。ありがとう!
最近風邪をまた引き直してしまい、苦しんでいます。早く元気になって絵の題材を探しに出かけたいです。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

ギャラリーちぐⅣ

庭の日陰の片隅に、クリスマスローズがたくさん咲いています。愛情の掛け方が悪い持ち主のところへ、もう三年も元気でいます。
この花は、花の色が黄緑色になってかなり長いことこのままです。今日は、この変わった下向きの花を水彩画で描いてみました。
 お友達が、子供の(進学先)意見と合わないといって困っています。私は何も出来ませんが、何度も親子で衝突しあってたくさんの意見と会話をして答えを導くのがいい、と言いました。誰の気持ちも大切なので、たくさん話をして導いた答えならどんな答えでも、納得できるはずだと思うのです。どんな苦境でも、お互いが乗り越えられると思うのです。そう決めたら、親は今まで育てた子供を信じてやる以外にないのでは・・・。私は他人事だからこんなことが云えるのでしょうか?少し反省しています。
ro-zu2 ro-zu2

| | コメント (32) | トラックバック (0)

ギャラリーちぐⅢ

sui-topi1
春の柔らかさが出ているといいのですが・・・。 バックは難しくて白のままです。
スイートピーは何度も描くのですが未だに納得のいくものが出来たことがありません。
春の空のように気まぐれな私の絵。 私の心がつぶやきます。『もっとうまく描かんといかんじゃん!だいたい性格がいかんがね、もっと修行しんといかんわー!』って・・・。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

花の命

anemone1 ikebana kinsennka2
花瓶に生けて、遊んでみました。
私はお花も昔々にしか習ったことがなく自己流です。
菜の花は畑に咲いていました、サンシュウも庭から切ってきました。
後のスイートピーとゆりはスーパーで売られていたものを買い足しました。
買ってきた花は絵に出来たらいいと思っています。
アネモネもキンセンカも畑で元気に咲いていました。何日も咲く花は一日で散ってしまう花よりなんだか力持ちのお母さんを想像させます。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

梅、梅?

素敵な春が満開です。
一段目は会社に咲く白い梅です、すがすがしく今が見ごろです。
二段目は一枚目がももの花だと思います。あとの二枚は公園に咲いていた桜だと思うのですが・・・あれは絶対桜だわ!
三段目は近所の慈眼寺(「じげんじ」と読むってばあちゃんが云ってました)の駐車場からの小道に30本ほど植えられた、しだれ梅です。甘い香りがする小道です。
この前の風邪で病院で治療をした時に以前血液検査をした結果がでていて
「ちぐちゃん、花粉症はないですか?結果がスギもイネもハウスダストも反応していましたよ」「えぇーー??」 確かに時々くしゃみはでましたが、こんな結果を聞くとがっかりしてしまいます。
ume2 ume3 ume6
momo2 sakura3 sakura2
sidareume3 sidareume1 sidareume2

| | コメント (33) | トラックバック (0)

いもパン作り

pan2
久しぶりの「いもパン」です。
材料はそろえてあったのですがなかなか時間を作れずやっと気持ちの余裕が出来たので・・・。
強力粉とバターや砂糖、塩、牛乳を加えイーストを入れパン粉ね機へ・・・。
パンのあんにはサツマイモをふかしマッシャーでつぶしてカスタードクリームを少し混ぜ合わせて。
最後にシナモンをふって170度のオーブンに20分。
久しぶりにしてはまあまあです。でもおしりが割れてしまった・・・!まぁいいっか!!
庭にサンシュウが咲き始めています、可愛い花で私は大好きな春を告げる花木です。
pan1
sansyuu3

| | コメント (25) | トラックバック (0)

ギャラリーちぐⅡ

nasu
やっと油絵が一つ完成しました。
tochiさんと一緒に出かけた那須の沼原湿原です。本物とあまり見比べないでね!
途中なかなか仕上げることが出来なくて絵の先生の励ましや指導がなければどうなっていたことやら・・・。
今また次にチャレンジ中です。また頑張って作品仕上げます、待っててね!

| | コメント (29) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »