« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

老犬の散歩道

Sirotu2Sirotume1Sirotume2Sirotume3Monmo1Shuse
我が家の雑種犬、モモコとお散歩道です。
シロツメクサはとてもポピュラーな草花です。白い花の側でピンク色の花が一かたまりさいていました。
たまにはあるのかなって思っていましたが毎日通ると何だかいとおしくてね!
我が家のモモコの撮影はことのほか難しく、カメラが苦手なのをまた再確認しました。
最後のシューズラックはこの前私が何とか組み立てたものです。もう一段増やしてもいいかなって思っています。
この玄関にモモコは毎晩寝ています。そろそろ老犬、最近ボケわんこです。

| | コメント (34) | トラックバック (0)

ギャラリー ちぐⅧ

Suzuran1
春のすずらんの咲く頃に描いた絵です。
自分の中で納得いかなかったのですがこれもいいかって思うようになりました。
絵は下手でも飾り方で良く見えたすることがあります。
いらない部分を中枠で隠して見せたい部分だけを飾ることとか・・・
せっかく描いた絵を無駄にしないように考えるのも下手な人の知恵でーす!

| | コメント (23) | トラックバック (0)

ギャラリーちぐ Ⅶ

Bara2_2
最近描いた絵です。バラを描いてみました。
最近雨が多くて被害のあるところもあり心配ですね
私の仕事場は古いので雨漏りがします。
今日はとりわけひどかったです。
朝のうちの仕事は事務ではなく後始末でした。雑巾持って!
もうすぐ修理がされるそうですがいつのことなのか・・・・?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

憧れのラベンダー

Raben1 Raben2 Raben3 Raben4 Raben5 Poni1
豊田には東名高速と東海環状自動車道が走っていますが東海環状道には鞍ヶ池サービスエリアに隣接するように鞍ヶ池公園があります。
新しく道路が出来たと同時に公園も綺麗に整備されました。
ここに新しく出来たラベンダー畑が満開だというので曇り空でしたが写真を撮ってきました。公園内はのんびりと動物もいて場所が広く池もありボートにも乗ることが出来ます。
動物に触れ合うことの出来るここは子供たちの遠足の場所でもあります。子供の小さかった頃はよく遊びに来たものでした。
Ajisai1_3 Ajisai2_1 Ajisai3_2 Cheri1 Hana1 Cheri2

| | コメント (21) | トラックバック (0)

らんらん成長記1

Ran1 Ran2Ran3
お花の胡蝶蘭と、お魚のらんちゅうを育てています。
←左の鉢は蘭以外サンスさんにいただきました!
胡蝶蘭も頂き物でお花が咲いた後二つに分けて可愛がっています。
先日何だか葉っぱが変だと思って覗いてみるとなんと毛虫君がいる!!
慌てて払い退け即座に退治!!油断も空きもあったもんじゃない!やっと可愛い葉っぱが生えたばかりなのにそれをかじられてる・・・・!
お魚のらんちゅうも頂き物・・・。まだまだ子供で、色も出てなくて、30匹ほど・・・。えさは稚魚のえさと冷凍ミジンコ、冷凍赤虫。冷凍庫でお肉たちと一緒にいます。
「らん」と名の付くものはどうも難しくてこの先どうなることやら・・・(30匹も全部大人になっても入れる水槽がなくて困るけどね・・・・!)

| | コメント (22) | トラックバック (0)

山を散策

Sasayuri2 Sasayuri11 Sasayuri3 Sasayuri6 Sasayuri7 Sasayuri10 Sasayuri8 Sasayuri11_1 Sasayuri9Sasayuri14Sasayuri4Sasayuri15
愛知県の中でも豊田は広いです。田舎なのに・・・!ここは豊田の松嶺町です。ここの山にササユリが自生していて町民で大切にしています。今年は満開の時期に行くことが出来ました。山をぐるっと歩いて民家をぬって汗だくになってきました。いたるところに小学生が書いた文字で「大切に」や「採らないで」と看板がありました。山に入るのに200円しかからないところも気に入っています。 ~松嶺町「ささゆりの里」
Hebiitigo1JagaimoSasayuriy1Ajisai21Sasayuri22Yukinosita

| | コメント (20) | トラックバック (0)

バラの香りと共に・・・花フェスタ第三弾

DerufiniumuDerufuniumu1Derufuniumu2 Hana6KibousiKusabana1NigeraResuhurawaYagurumasou
また花園にやってきました。バラは飽きてしまったのでデルフィニウムやハーブと思われる花、あざみ、キボウシの花などです。そしてニゲラ、レースフラワー、矢車菊、下段(一枚目は忘れました)はインパチェンスに蝶と山ぼうしです。花の図鑑のようなバラエティにとんだ花ばかりです。今回は続きなのでコメントはやめておきますね!
Hana_2_1TyouYamabousi

| | トラックバック (0)

本当の花?

Ajisai1_2
雨に濡れる紫陽花です。
かき分けて見える濃い青い小さなのが
紫陽花の本当の花だとか・・・?
花に見えるのは額だとか・・・・!
本当に???

Ajisai3_1Ajisai2


今年はとても色が薄くてこんな色の花が仕事をしているところから見えます。
太陽が少ないのかな?土と関係があるのかな?
・・・やはり私には紫陽花の花と云えば額といわれるのが花としか見えません。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

薔薇の香りと・・・

TasyaSumokuturiHana4Hana_2OdamakiKusabana2Ajisai1_1Hana5_2Kurematisu2
岐阜の花フェスタ記念公園はターシャの庭もあります。スモークツリーの木やオダマキやクレマチスなどいろんな花が咲き乱れています。公園内はどこの場所にも薔薇ではない花が咲いています。山ごと一つ薔薇園といろんな花や木で埋め尽くされています。
昨日会社へ行くと隣の民家が火事で全焼でした。私の仕事場のすぐ隣です。午前中は消防の検証、午後と今日は片付けのようでした。古い木造家屋で消火活動も追いつかないほど火柱が立ち風があったら燃え移っていたかもしれません。夜中に起こされた課長さんたちは徹夜で現場を見守っていたとか・・・。おばあちゃんが煙を吸って病院へ運ばれたとか。私はここ二日焼け焦げた匂いの中で仕事しています。
Baraen8_1Niwa1Ookinkeigiku

| | コメント (11) | トラックバック (1)

眠れる薔薇の美女?

Baraen1_1 Baraen2_1 Baraen3 Baraen4_1 Baraen5_1 Baraen6 Baraen7 Baraen9
先週、薄曇だというので岐阜の花フェスタ記念公園に実家の母を誘って出かけてきました。
曇りだなんて大嘘でしっかり晴れて日傘と帽子は欠かせませんでした。
足の悪い母と一緒で車椅子を借りて周ろうと云う私の提案にも首を横にふり、ゆっくりで良いから歩くというので私も写真を撮りながらゆっくりと周ることが出来たのです。それでも広い園内をたっぷり時間をかけて10時から4時近くまでいろんな話をしながら途中薔薇アイスや朴葉寿司をベンチでいただいて休憩を取りながら一日を過ごしました。
薔薇園ではいろんな薔薇が咲き乱れテーマガーデンを見て回り7000品種6万株が植えられています。名前は当然覚えられずみてまわるだけが精一杯でした。皇室の薔薇やターシャのおうち、ホワイトの薔薇の園、オールドローズなど趣向を凝らして本当に見ごたえがあります。ここにあまりのたくさんの薔薇の写真で困って動画にしました、すごーく長いので(4分ちょっと)お時間のある方はどうぞ見てください。次回はもっと軽くこの素敵な場所を紹介します!
「200606.wmv」をダウンロードクリックしてみてね・・・。
母に「今日はよく寝れるね!」というと「うん!」って笑っていました。(よく寝れないとぼやくので・・・)
Baraen12

| | コメント (20) | トラックバック (0)

有給 休養

A1 K1 Ajisai1
Ajisai3A2Aroe
Ki 09Syakuyaku1_1
得意の会社の草花とそれが綿毛になったところです。
そして現在はピンクの紫陽花が咲いています。
後は我が家の最近の花です。
ピエールドロンサールの薔薇は思い入れのある薔薇です。
隣はアロエの花、どこにでもある黄色い花とカラー、最後は芍薬です。
昨夜、子供の一人が熱が続くので夜間の病院に駆け込みました。
一週間、我慢したのですが首のリンパが腫れていて引きません。
結局昼間検査をして未だ結果待ちです。ウィルスではないとか・・・
病院は待ち時間が長いんだーー!
彼は会社も休んでいい休養?かもね!

| | コメント (22) | トラックバック (0)

なんとかなるさ?!

Baraen8OmatyaPopi2Popi3Syakuyaku1Yukinosita1Kamoki1
奥殿陣屋の花たちです。お友達とお抹茶と笹にくるんだふまんじゅうを縁側で日本庭園を見ながら正座していただきました。日頃の不満や面白い話、職場の話、子供のこと、悲しい話や日常の発見の話など尽きることがありません。
先日、でっかいバスケットシューズを所有する子供が二十歳を迎えました。早速年金の案内がきて手帳の交付を申し込んだのですがなかなか送られてこないので社会保険庁に電話して催促しました。学生なので免除を受けることが出来るのです。
最近私は年金っていつから、いくらもらえるのかよく分かりません。すべてが人任せでいいのかしら?老後はどのように暮らせるのかしら?主人任せでいいのかなって思っています。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »