« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

朝日 ギャラリーちぐ

朝日が昇るところです。写真の上にマウスを乗せると水彩画が見れます。
犬と散歩をしていて家までカメラを走って取りに帰って撮影しました。絵のサイズは葉書二枚分です。
今年一年いろんなことがありました。私を成長させてくれる出来事ばかりで皆さんに感謝するのみでお返しが出来ません。
来年もこんな調子で頑張っていきますので見捨てずよろしくお付き合いお願いします。
今年も残りわずかです。皆様のご健康をお祈りして新しい年をお迎えになることを祈っております。

| | コメント (30) | トラックバック (0)

弘法さんと秋

Hana002 1219bara01 Ha1 Miki2 1_2 Momiji005 Momiji002 Momiji003
最近のことをまとめてみました。上段は最近我が家の近くで見るでっかいひまわりのような高さの花です。ダリアに似たこの花の名前がわかりません。
バラのつぼみは我が家のです。ちっとも寒いせいか咲きません。咲くのが待てなくて撮影しました。
紅葉の写真は会社の桜とモミジです。11月後半と12月にかけて撮り続けました。午前中の太陽の光が綺麗で休憩時間に狙って撮りました。
下段は会社のモミジの幹ですが隣のおいしそうなうどんは知立の弘法通りにあるうどん屋さん「弘法庵」です。
これはタレントの坂東さんも召し上がったことのある「寄せ鍋うどんセット」です。知立は弘法さんという日があり弘法さんの命日に毎月一回露店が出て歩行者天国になりどこからか人が集まり賑わいます。我が家のきくちゃんも弘法さんの大ファンです。
今日はパソコン教室のインストラクターの方と一緒にお食事としゃれ込み楽しいひと時を過ごしました。味噌にいろんな野菜が入っており中でも里芋とねぎの取り合わせが最高でした。ボリューム満点で大満足!!
お店のご主人は教室の生徒さんです。
Momiji0041219koubouann01

| | コメント (20) | トラックバック (0)

切干大根の季節

オンマウスの練習です。GANちゃんに教わりました。もっとたくさんできるといいのですがこれだけで許してね!
写真の説明が遅れました。これが切干大根を作る様子です。昔は田んぼの端から端までこの棚が並んでいました。
天気のよい晴れた日に細切にした大根を広げます。表面が乾いたら手返しをして乾くまで・・・。出来たら端からくるくると巻いてお米を入れるような大きな袋に入れて買取り業者にもって行きます。量り売りでいくらという感じです。雨の続いた日など出来の悪いときは相場より値段が低いのです。もっと儲かっていたら今でもやっていたでしょうね!

| | コメント (32) | トラックバック (0)

秋の空~小原の桜

Siki03_1Siki10 Siki05_1 Siki11 Siki09
先日行った四季桜をもう一度見に行ってきました。もう最後の花でした、かわいい花が太陽の光を受けてとてもきれいです。
会社の忘年会も終わり年末の準備をそろそろしないといけませんね、でも私ってのろまで怠け者なので困ります。誰か一緒にやってくれる人を募集したいほどです。
私は時々「ウエストはいくつ?細いよね?」といわれます、答えに「ウエストは一つですよ、二つあったら大変です!」と答えるようにしています。おばさんになったら若い子のように細いはずはありませんよね!・・・くびれはなくなりましたーーー!!ズンドウともいう・・・。
大好さんのお誕生日は12月ですね、日にちはわからないけどおめでとうございます!!ほかにも12月の方がいらしたら教えてね、ここに書きます。053608 GANちゃんの息子さんはイブ生まれです。おめでとう!
フーちゃんは21日生まれです。おめでとう!
そう云えば我が家の長男は13日です。

| | コメント (30) | トラックバック (0)

Ran1_2 Ran2_1
我が家の南の窓際に陣取っている蘭ほか寒い冬を野外で過ごせないものたちです。胡蝶蘭は主人が会社関係のお祝いでいただいたものです。6鉢も入っていて本当に豪華です!あまり長く花を咲かせておくと株が弱ってしまうのでもう少ししたら切花にして楽しもうかと思っています。
鉢の下には電気カーペットの下に熱が逃げないために敷く断熱効果のあるシートを敷き寒さを防いでいます。
葉だけの胡蝶蘭は去年のです。芽が出てきました、これは根っこか花芽かまだ定かではありません。
↓真ん中の写真、なぜかモモが写っています。私が夢中で写真を撮っているとそーっとやってきて(もちろん綱を自分ではずす技をしてきて・・・)何やってるの???
Ran3_1Ran4Ran5

| | コメント (22) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »