« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

夏のひまわり

Hi1Hi3Hi4Ka1
1041_2毎日あまりお天気がよくありません。Asagao1農作物の出来が心配です。我が家だけで食べるものならいいのですがお米やスーパーに並ぶ野菜に影響がなければいいのですが・・・。
ムシムシの毎日です。それでも庭のひまわりは元気です。雨が多くてちょっと腐りぎみですが・・・。以前のカマキリと同じではないと思いますが時々大きくなった体を見せてくれます。
大きなひまわりの花は種になったらもらわれる先が決まっています。そこのお宅には可愛い保育園児の女の子のいる家庭です。そもそも今年咲いた花はそこから頂いた種ですのでお返しするのです!大切に育てなくちゃね
ひまわりを今年も描いてみました。朝顔も本を見ながら真似してみました。あんまり成長がないですね~!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

皆既日食と素敵な友人

Nissyoku1Nissyoku2
今日は会社のみんなで日食を見ました!愛知からはこのくらいなのでしょうか!曇り空なのでまわりにいっぱい雲がありちょっとの隙間にのぞいた太陽が皆既日食の最中でした!この後すぐに太陽は雲に隠れてしまいました。カメラの露出補正をかなりマイナスにして撮影しました。一緒に見ている会社の人たちは子供の頃ガラスにろうそくの炭を付けて日食を見たといっていましたよ!

次はお友達とお出かけ・・・・
D1D2D3D4_2 D15 D7 D8 D9 D12 D5 D13 D11
絵の講習会に出かけた翌日はサンスさんとkanjoさんと殿ヶ谷戸庭園に行きました。電車に乗って国分寺まで行くと歩いてすぐの場所に庭園はありました。Hazeこの日はとても涼しくて庭園にいるせいかますます爽やかな空気でした。三人でおしゃべりをして愉しい一日でした!人生の先輩になるお二人と楽しく御一緒できて足手まといの私の面倒をよく見ていただきました。 どうもありがとう!↑の最後の写真は三人でお茶の時、頼んだ飲み物に一輪ずつお花が付いていましたのでテーブルの花と一緒に撮りました。←の写真はサンスさんちのハゼちゃんたちです!よそ者の気配を察していた感じです!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

水彩画の講座

7101
先日、埼玉の大宮まで水彩画の講座が開かれたので思い切っていってきました。4月のある日募集を見つけ即座に応募しましたがアッという間に満員御礼と書かれていました。募集をかけてもすぐに埋まってしまう人気の高い先生です。
絵は下書き用に事前に写真が送られてきます。そしてそれを当日までに描いて講座を受けます。色の塗り方おき方、水の量、色の混ざり具合を習うのです。デモンストレーションをしながらなので本当に分かりやすい授業です。それでも先生の説明でわかったつもりでもいざ自分の絵を塗り始めるとさっぱりうまくいかなくてなんど失敗だ~~と思ったことか・・・。そういいながら昼からの5時間濃縮した時間をすごし塗り残した分は家で仕上げてこれが出来ました。楽しかったです。
愛知から参加した私と岩手から参加された人そして静岡からも・・・。男の人もたくさんいて面白い先生のジョークに助けられながら何とかできました。講座が終わると交流会もありましたが千葉までサンスさんに会うために交流会はやめて電車に乗り継ぎました。続きはまた・・・。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

夏、本番

111_2112_2
暑い夏がやってきました。蒸し暑くてそのうち梅雨もあけると思います。
我が家の花壇のひまわりが咲いてきました。今日はひまわりの花ではなくて葉っぱに住んでいるカマキリの子供を紹介します。何故かここが居心地がよいらしく覗くと見かけます。大きな葉っぱの日陰は涼しいのでしょうか?
きくちゃんの畑のナスやきゅうりやトマトが元気に成り始めました。スイカは甘くて美味しくいただいています。プリンスメロンもたくさんできました。出来すぎで何でも配ってばかりいます。お近くなら皆さんにお分けできるのにな~といつも思っています。

| | トラックバック (0)

花~水彩画~

Tessenn_2


メリハリのない絵をまた描いてしまいました。下手でもそれでも載せておきます。花に一生懸命になったら花瓶と葉っぱがなおざりになりました。まだまだ勉強ですね!お花はとても安価に手に入りました。農協は季節の花が本当にリーズナブルなお値段なのでちゃんとしたお花屋さんでは手が出ません。畑のお花も描いてあげたいと思いながら日々が過ぎていきます。明日、水彩画の講座を受けてこようと思っています。その先生は九州の方でとても素敵な絵を描かれます。いつか先生のような絵を描いてみたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »