« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

モミの木

Mominoki1
今日は香嵐渓まで行きました。でもこの絵は稲武カントリークラブです。ゴルフ場の絵です。
どうしてこんなところの絵なのか・・・。
今朝早起きして主人ときくちゃんと私の3人はゴルフ場に向かいました。主人の運転で稲武カントリークラブまで行きそこで主人を置いて私ときくちゃんと二人で香嵐渓と平谷のひまわりの湯へ行ったのです。
主人は友人とゴルフをしてすごし私達は混まないうちに香嵐渓を散策してそのあとひまわりの湯へ温泉へ。そしてゴルフが終わるころまたゴルフ場まで行き待ち時間にモミの木が素敵だったので描いたのです。
絵はハガキサイズ。主人を拾いその後、小原の四季桜を見て帰ってきました。
きくちゃんも綺麗、綺麗と喜んでいました。
Kou1 Kou2 Kou3 Kou4 Kou7 Kou8
こんなに素敵な場所なのにスケッチが一枚もありません。本当にもったいないです。写真から描いてみようかしら?
Obara1 Obara2 Obara4

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ギャラリーちぐ 銀杏並木

Ityou121 GANちゃんにお願いして福井の健康の森の写真を一枚いただきました!
そしてちょっと絵にしたくなりました。
自分の目で見た景色ではないのでちょっと不安なのですがこんな感じ、、ふぁじぃ~な絵をごらんください!

先日スケッチバスツアーに参加する機会に恵まれました。ツアーに行くのは初めてで期待と不安でしたがとても楽しくスケッチできました。
ここに載せることができるといいのですがイマイチの絵なのでまた今度ね!いろんな刺激を受けて気持ちまでリフレッシュすることができ本当にいろんな意味で勉強になりました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

秋のわがままツアー

1 2 3 4 5 6
わがままツアー2弾。以前わがままツアーでイチゴ狩りと、うな重昼食と浜名湖ボートレースのツアーを計画した会社の仲間数人で秋のわがままツアーを開催しました。
今回は秋の味覚、『栗』です。岐阜県には「川上屋」と「すや」いう有名な栗きんとんの和菓子屋があります。どちらの栗きんとんが好みか食べ比べツアーを開催しました。
6人の物好きはいざ川上屋で購入して食べた後に付知峡に出かけました。
付知峡では秋の盛りでとても鮮やかなモミジと滝の気持ちよい空気でした。その後昼食を取り「すや」へ。7(すやで栗きんとんと栗むしようかんを買ってきました!本当においしかった~!) すやで買い物をして栗きんとんもまた食べ、どちらが好みか多数決。
すやの圧勝でした。甘みと香りの違いかな?でも川上屋さんの栗きんとんもファンが多く絶えずお客さんでいっぱいです。どちらも軽いお茶のできる喫茶があり川上屋さんでは食事も出来ます。
またまたみんな勝手なわがままをいいながら一日終わりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Sagi1 Sagi2
しらさぎです。我が家の田んぼにやってきました。この種類はチュウサギというそうですが冬は南の方に帰るそうです。田んぼの中の生き物を食べにやってきたのでしょうね!まだこの辺も田舎だね~!
きくちゃんの老人介護の申請の更新をしたところ市から調査にやってきました(きくちゃんは俗に云う後期高齢者です)
いろいろ聞いて1時間で帰っていかれました。以前はじいちゃんの時に来られましたが今度はきくちゃんです。以前の調査に比べるとずいぶん丁寧に詳しく聞いて帰られます。
「いろいろ聞かれてイヤだ」と更新を断っていたきくちゃんでしたがシブシブ私達の説得に応じてくれました。万が一介護用品を借りたくなったときにすぐ対応してくれます。いろんな相談にも乗ってもらえます。せっかく高い税金を払っているのだから制度を利用しない手はないと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

きくちゃんと南知多へ

U1U2 U3 U4 U5
南知多にお泊りに行ってきました。きくちゃんが「どっか行きたいね」というのであまり腰に負担がかからにように近場で美味しいものが食べれる場所。回復はしたものの古傷はどうしても完全ににはよくなりません。きくちゃんと私は3周り違う干支のモ~さん同士です。Nankiti1 ぼつぼつゆっくりした一泊旅行でした。宿には樽の露天風呂もありトロン温泉という温泉でした。翌日、南知多には魚広場や魚太郎という師崎付近にお買い物が出来る場所があり、カニを買ってきました!もちろん宿でも海の幸がいっぱいでお腹いっぱいになりましたよ!U6 お買い物の後、最後に新美南吉記念館に行って帰ってきました。記念館では彼の生い立ちや作品に触れてきました。我が家にも彼の童話「ごんぎつね」がありますよ!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »